思春期ニキビの特徴と原因

Pocket
LINEで送る

10代の思春期のころって、ちょっとしたことでも気になってしまう微妙な時期だったりしますよね。

そんな時はやっぱり身体もいろいろ変化が多く、ニキビもその1つだったりすると思います。

この微妙な時期にニキビができやすいと余計と気になって、触ってしまったり、髪の毛で隠そうとしたりして、かえって悪循環を招いてしまっているかもしれません。

私の姪っ子も正に思春期ニキビがおでこのTゾーンの部分にだけ固まるようにできていたことがあり、髪の毛で一生懸命隠していました。

スポンサードリンク

思春期にはなぜニキビができやすい?

思春期といえば、子供から大人へと変わっていく、変化の多い時期です。
男の子から男性らしく、体つきや声などが変わり、女の子から女性らしい体つきになり、生理が始まるのもこの時期です。

その変化に大きく関わっているのが、様々なホルモンです。

そして特に、成長ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンがその代表です。

このホルモンが思春期には、活発に分泌され、体に働きかけます。

そのうち、成長ホルモンと男性ホルモンは、皮脂の分泌も盛んにするため、ニキビのできやすい状態を作り出してしまいます

ニキビができる原因は、皮脂が毛穴に詰まってしまうことにあります。
皮脂の分泌が多いと、毛穴も詰まりやすくなり、結果的に思春期にニキビができやすくなります。

活発な成長ホルモンと男性ホルモンは、やがて思春期を過ぎて分泌が減ってきます。
すると女性ホルモンが皮脂の分泌を押さえる作用があるため、ホルモンバランスが整ってきて、思春期ニキビも落ち着いてきます。

因みに、男性にも女性ホルモンは分泌され、女性にも男性ホルモンは分泌されます。

スポンサードリンク

思春期ニキビの特徴と対処法

思春期ニキビのできやすい場所は、毛穴が多いTゾーンのところです。
 おでこや鼻の周りができやすい場所です。

早ければ小学校の高学年くらいからでき始め、18歳前後には自然に治ってくる人が多いです。

思春期ニキビの対処法は、

1.洗顔the9epleqj

・洗顔は1日2回まで、ゴシゴシ洗いは禁物です!
・洗顔前には、まずは手をきれいに洗いましょう。
・そしてネットを使って洗顔料をよく泡立てます。
・泡は弾力があるくらいしっかり泡立て、泡で円を描くように洗うことがポイントです。
・洗顔にはぬるま湯で洗いましょう。
・そして清潔なタオルで水分を拭き取ります。
・この時も、ゴシゴシ拭くのはは禁物です!

2.保湿main2

そして洗顔したら、化粧水で必ず水分補給を行い水分が逃げないように保湿クリームも忘れずに。皮脂の分泌が多くても、肌の水分は不足するのです。

3.紫外線対策taiyou2

紫外線を浴びると、ニキビが悪化する原因になります。なので、ニキビ肌に負担の少ない日焼け止めを選んで、必ずつけるようにしましょう。

.規則正しい生活

そして、ニキビケアに関わらず、過剰にストレスをためないことバランスの良い食生活、十分な睡眠おとることなど規則正しい生活を送ることが、体のために必要です。


 ※やってはいけないことは、ニキビを潰すことです。かえって治りが悪くなる原因になったり、跡が残ってしまうこともあります。

また、おでこのニキビは、どうしても髪の毛で隠したくなりますが、髪が触れることで雑菌が付着して、ニキビを悪化させる原因になるので、髪が触れないようにピンでとめるなどした方がいいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする