着ぐるみのアルバイト

Pocket
LINEで送る

着ぐるみのバイトに挑戦してみる!

着ぐるみのアルバイトといえば、興味のある方も多いと思います。

私も一度はやってみたいと思っていました。

やってみたいという気持ちとは裏腹に、暑くて大変なイメージもあり体力的に不安だったので、実際やると決めるのに、少し迷いました。

実際やってみて、やはり暑さと動きにくさで、かなり体力が消耗されました。

私がやった着ぐるみのアルバイトは、大き目のお店の店内と店頭をアシスタントと2人で巡回します。

そしてお客様と楽しくふれあうというイベントでした。

季節は3月のまだ寒い日でしたが、着ぐるみを着ると暑かったです。

私は着ぐるみ初心者でしたが、アシスタントをしてくれた相方が、着ぐるみに詳しい方で、いろいろ教えていただきました。

なので、安心して着ぐるみバイトに従事できました。

もしこれからやってみようと思っている人に、少しでも参考になればと思います。

簡単ではありますが、ポイントを書いてみたいと思います。

着ぐるみを着るため準備

着ぐるみのアルバイトに申し込んだとき、マニュアルをいただきました。

何枚かありましたので、私はちょっと面倒に感じました。

当たり前のことですが、これは読んでおいたほうがいいです。

着ぐるみのキャラクターのプロフィールが書かれていると思うので、必ず頭に入れておきましょう。

持ち物に、着ぐるみを着たときの下に着る服装も書かれていると思います。

私の時は、Tシャツやジーンズなどとしか書かれていませんでした。

ですが、着ぐるみというのは、普通は自分の他にも何人も着ていると思います。

それにこれからも自分が着た後にも、誰かが着ることになるでしょう。

着ぐるみなら暑いから、下には半袖のTシャツと思ってしまうと思います。

ですが自分のためにも、また後の人のためにも、直接肌が着ぐるみに触れないよう長袖を着たほうがいいです。

もちろん、下は長ズボンで、さらに綿の手袋頭にかぶるバンダナなども用意すると、気持ちよく手を通すことができると思います。

着ぐるみには、消臭剤がついていたので、休憩のときに、毎回アシスタントの相方が、丁寧にスプレーしてくれました。

スポンサードリンク

店 内 巡 回    

kyoryu_kigurumi

着ぐるみを着て動き回るのは、とても大変でした。

視野はとても狭く、歩きにくくて、転んでしまわないように、最初は恐る恐る歩いていました。

この時、アシスタントの相方が、キャラクターのイメージに合った動きをするように忠告してきました。

ここで、マニュアルにあったキャラクターのプロフィールがしっかり頭に入っていないと、キャラクターになりきることができません。

着ぐるみの仕事は、いかにそのキャラクターになりきって、子供たちと楽しく触れ合えるかがポイントです。

正直顔が見えなくてもやはり恥ずかしかったです。

ですが小さい子供たちが喜んで抱きついてくれたり、大人でも笑顔で手を振り返してくれると、うれしいものです!

慣れてきたら、危なくない程度になるべくオーバーに表現してみましょう。

喋れないので、何でも体で表現しなくてはなりません。

一方アシスタントをやる場合、着ぐるみを先導するように、必ず前を歩くようにしましょう。

着ぐるみの視野は狭く、後ろとかほとんど見えません。

子供さんが近くに寄ってきたり、障害物があったら、必ず声をかけてあげることが必要です。

私の相方は、そういった点でも、キャラクターのイメージに合うような声のかけ方をしてくれました。

アシスタントはまた場を盛り上げる重要な存在です。

そしてタイムキーパーの役割も担います。

着ぐるみはあまり長い時間着ていられないので、だいたい1時間ごとぐらいに休憩があると思います。

アシスタントは腕時計は必須です。

スマホを時計代わりに使っている人は多いと思います。

ですがお客様の前でスマホで時間を確認するのは、あまり良い方法ではありません。

以上が簡単ではありますが、着ぐるみアルバイトについてです。

体力的に大変ではありますが、なかなかできる体験ではないので、機会があったらぜひトライしてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする