雨上がりの虹に感動!

Pocket
LINEで送る

虹を見ました

私の仕事はクリーンルーム行っているため、外の様子はわかりません。

その日は昼に外へ出ると、雨がザーザー降っていました。

午後もまたクリーンルームで作業、外の様子はわからず、音も空気を浄化している音がしていて、雨の音もしているのかよくわかりません。

定時で仕事は終わり、まだ雨すごいのかなぁ~と思いながら外に出ました。

そしたら、目の前に虹が!!

それもすごくクッキリときれいな虹でした。

思わず、「きれい~」と声に出して言ってました。

「虹」の意味

そういえば、「虹」って虫偏ですですよね。

中国では「虹」は大蛇か龍と考えられたそうです。

なので虫偏がついてるのだそうです。

他の国の「虹」についても少し調べてみました。

英語「rainbow(レインボー)」rain「雨」bow「弓」で、『雨の弓』って意味だそうです。

フランス語「L’arc-en- ciel」(ラルカンシェル)arcが「橋」cielは「空」で、『空にかかる橋』です。

ドイツ語「Regen bogen」(レーゲンボーゲン)bogen「弓」で、英語と同じく、『雨の弓』です。

ハワイ語「アオ・アクア」『神聖な雲』という意味だそうです。

ちょっと調べてみただけですが、国や地域によっていろいろ違うもんですね。

虹を見ると、気持ちが晴れやかになりますよね。

虹は視覚的に美しいだけでなく、メッセージがあるといいます。

虹は雨上がりに見られるものです。

なのでそこには、

『どんな雨もいつか必ず止み、
また太陽の光がそこを照らすときが来る』

落ち込んだり、苦悩したりしてネガティブだった思いを思い切って手放して、また勇気をもって前進していこう、というメッセージです。

言われてみると、虹を見ると無意識に元気になっている自分がいます。

苦難を乗り超え、その先の明るい未来を信じて、諦めずにまたがんばっていこうというエネルギー、きっと受け取っているのかもしれません。

虹はいつ見える?gi01a201409230700

虹は夏に見えるイメージがありますが、夏に限らず、他のシーズンでも結構見られます。

雨上がりに日が差し始めたら、空を見回してみると、虹が現れているかもしれません。

朝や夕方、太陽が低い位置にあるときに、太陽と逆の方向を見てみましょう。

雨降りはついつい気分も落ち気味になってしまいがちですが、虹が見れるかもしれないと思えば、雨降りも悪くないと思います。

虹探しで、雨上がりに空を見上げるのが、楽しくなりそうですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする