おならの臭いのが改善

Pocket
LINEで送る

おならで困ったことはありませんか?

人前だろうとどこであろうと、ところを選ばず出たくなるおなら、我慢すると結構辛いですよね。

そしてそのおならがもしとても臭かったら、絶対に人前でするわけにはいきません。

私は子供のころから毎日すごいおならが出ました。

それもすごい臭いおならです。

音がしなくても、その臭さで必ず私がおならをしたことが、家族にすぐばれたものです。

大人になっても相変わらずでした。

ひどい時には、自分の部屋がおならで充満して、いつまで経ってもその臭さは消えてなくなりませんでした。

これでは、結婚はあきらめたほうがいいのではないかと、真剣に悩んだこともありました。

食生活を変えることで、おならが臭くなくなりました。

もともと胃腸の調子があまりよくない私でしたので、他の症状にも悩んでいました。

そこで動物性の食べ物を減らし、いわゆる菜食を目指しました。

私はお肉がすごく好きというほどではなかったので、まずお肉を食べないようにしました。

どちらかといえばお魚のほうが好きだったので、それほど苦ではありませんでした。

そして乳製品も極力摂らないようにしました。

牛乳はいつもお腹がゴロゴロしていたし、ヨーグルトもあまり好きではなかったので、やめても大丈夫でした。

そして卵もやめました。

油ものや最終的にはお魚も控えるまでやってみようと思いました。

が、お魚と天ぷらなどの揚げ物はやっぱり好きだったのでやめることはできずに、時々は食べていました。

このぐらいやめると、最初は何を食べていいかわかりませんでした。

ですが大豆製品と野菜はとても好きだったので、慣れるまでにあまり時間はかかりませんでした。

この結果、胃腸の調子がかなり良くなりました。

というのも、よく消化の悪いものを食べると、ゲップがたまってしまって、気持ち悪くなることがありました。

ゲップが出てくれるといいのですが、出なくて吐きっぽくなることさえありました。

それがなくなり、食べた後の不快感がないのが、とても良かったです。

そしてその上、おならの臭いのが改善したんです

そもそもおならの臭さの原因は腸内にいる悪玉菌です。

悪玉菌がおならの臭いにおいを作り出しているんです。

硫化水素やアンモニアなどが含まれて、おならはすごく臭くなってしまいます

動物性のたんぱく質を分解する時、ウエルシュ菌という悪玉菌が分解するんですが、その時に作り出されます。

その結果、おならは強烈なにおいになってしまうんです

自分でも知らなかったのですが、私のおならが臭くなくなったのは、とても理にかなっていたんです。

お肉が好きな人にとっては、かなりハードルの高い方法だと思います。

それに無理をして返ってストレスがたまってしまうと、いいとはいえません。

私の場合は胃酸の分泌が足りてないこともあり、胃腸が弱かったので、腸内環境も崩れやすく、おならが臭くなりやすかったんだと思います。

ですが、もしおならのにおいに真剣に悩んでいるとしたら、やってみるといいと思います。

最初は大変なので、今までより量を減らしてみるとか、食べない日を作ってみるとか、出来るところから始めてみるといいと思います。

その時に自分のおならのにおいの変化に気づくと、やる気に拍車もかかります。

私も時々おならが「あれ、今日はにおうなぁ」と思ったとき、やはり動物性の食べ物をいつもよりたくさん食べていたことに気づかされます。

おならはいまでもよく出ますが、回数もピーク時に比べたらかなり減りました。

なので、以前はおならを我慢してお腹がポッコリ出たり、腹痛になることもよくありました。

そうゆう苦しみからも解放されて、おならで悩むことは今ではほとんどありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする