ハンドソープとボディソープの違いについて。使い分ける必要があるの?

Pocket
LINEで送る

昔はハンドソープとかボディソープとかはなく、石鹸1つで手を洗うのもお風呂で体を洗うのも一緒でしたよね。

それが今では手を洗うのはハンドソープで、お風呂で体を洗うのはボディソープと使い分ける人が多くなりました。

使い分けるということは、やはりそれなりの理由があるはずですよね。

なので今回ハンドソープとボディソープの違いについてまとめてみました。参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ハンドソープとボディソープの違い

ハンドソープとボディソープの違いは、「衛生面」と「保湿」のどちらをメインとしているかということです。

ハンドソープは手の殺菌や消毒といった「衛生面」を重視しているのに対し、ボディソープは汚れを落としながらもうるおいやしっとり感といった「保湿」を重視しています。

もちろんハンドソープにもうるおい成分が含まれていたり、ボディソープにも殺菌や消毒の成分が含まれているものがあったりしますが、どちらに重点をおいているかということなんですね。

ではもう少し詳しくハンドソープとボディソープについてそれぞれ見ていきましょう。

ハンドソープ

ハンドソープの特徴は

  • 汚れ落ちとともに殺菌、消毒がメイン
  • 香りが控えめ

ということです。

いろいろなものを触ることの多い手を洗うので、汚れを落として殺菌や消毒がメインで作られ、また料理前や料理中に手を洗っても、食品ににおいが移らないように香りが控えめです。

ボディソープ

そしてボディソープの特徴は

  • 汚れ落ちとともに保湿効果があり、肌に優しい
  • 香りが強め

汚れ落ちとともに保湿が目的なので、肌と同じ弱酸性の肌に優しいものが多くしっとり感があり、香りも強めです。

ではこの2つはお互い代用することはできるのでしょうか。手も体の一部なので問題ないような気がしますが…。

ハンドソープとボディソープは互いに代用できるか

ボディソープは肌に優しい弱酸性のものが多いため、肌の弱い人などは手洗いにもボディソープを使うとうるおい成分が手荒れなどを防いでくれます

逆にハンドソープで体を洗うのは、殺菌作用が強いため刺激が強いのでおすすめできません。

特に肌が弱いという人はハンドソープで体を洗うのはやめましょう。

またボディソープは洗い上がりがうるおい成分などの影響でヌルヌル感が残ることがあり、これが苦手という人もいるので、このことからも手洗いには向かないかもしれません。

代用できないことはないですが、やはりハンドソープは手洗いに、ボディソープは入浴時の体洗いというようにいつもの使い方がベストってことですね。

ところでハンドソープやボディソープには原料が石鹸の場合と合成洗剤の場合があり、両方が合わさった複合石鹸というのもあるのだそうです。

それぞれ成分や製法、原料が全く違い、同じようでも全然違うものになります。

なので次に石鹸と合成洗剤の違いついてもまとめてみましたので、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

石鹸と合成洗剤の違いについて

固形石鹸の場合はほとんどが石鹸成分からできていますが、ハンドソープやボディソープの場合は石鹸成分のものもありますが、合成洗剤からできているものが多くなります。

石鹸とは天然油脂や脂肪酸が原料で、合成洗剤は石油や天然油脂が原料となっています。

では詳しく見ていきましょう。

石鹸とは

石鹸は「石鹸素地」と「水」でできています。

この「石鹸素地」というのは天然油脂に含まれる脂肪酸と水酸化ナトリウム、又は水酸化カリウムを混ぜて化学反応させてできたものです。

「石鹸素地」は界面活性剤の一種なのですが、数千年もの昔から使われていて、生分解性に優れ、環境に優しい安全な物質なんだそうです。

石鹸の界面活性剤は水に薄まると作用がなくなり、手に少し残っても手荒れの原因にはなりません。

石鹸を作る方法には「けん化法」と「中和法」の2種類があります。

「けん化法」は製造過程で副産物の「グリセリン」といううるおい成分ができます。無添加石鹸などはこの製法で作られているために肌に優しいのだそうです。

合成洗剤とは

対して合成洗剤は石油を原料に複雑な化学合成で合成界面活性剤を作り出します。

石鹸と同じように原料に天然油脂を使っている場合もありますが、石油の時と同じように複雑な化学合成の過程を経て自然界にはない合成界面活性剤を作り出します。

この合成界面活性剤は水に薄まっても作用するので、手や肌に少しでも残っていると手肌を荒れさせる原因になります。

石鹸と比べて合成洗剤は

  • 水に溶けやすい
  • 硬度の高い地域でも使いやすい
  • 少量ですむ
  • 安価

ということから、あっという間に世界中に広がったのだそうです。

ハンドソープやボディソープは成分が合成洗剤からできていることが多いようですが、成分のところに「石鹸」という記載がなければ、合成洗剤ということになります。

スポンサードリンク

まとめ

ハンドソープとボディソープの違いについて今回まとめてみましたが、

ハンドソープは

  • 汚れ落ちとともに殺菌、消毒がメイン
  • 香りが控えめ

ボディソープは

  • 汚れ落ちとともに保湿効果があり、肌に優しい
  • 香りが強め

ということでした。

そしてこの2つは互いに代用できるかどうかということについては、

  • ボディソープをハンドソープとして使っても問題ない(ヌルヌル感が気にならなければ)
  • ハンドソープをボディソープとしては使わないほうがいい

ということでした。

そしてそれぞれの成分には石鹸成分からできているものと、合成洗剤でできているものがあります。

肌荒れが気になる人は、石鹸成分からできているもので無添加のものを選ぶようにするといいです。

私も一般的によく使われているハンドソープを使っていますが、今回それが合成洗剤だと初めて知ってすごく抵抗を感じました。

手荒れがひどいほうなので、今度は石鹸成分のものを使ってみようかなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする