良質な睡眠には換気が大事。暖房で部屋の空気は汚れている!

Pocket
LINEで送る

寒い毎日…。窓を閉め切って、暖房で暖めて、少しでも快適に過ごせるお部屋にしたいですよね。
でもそのお部屋の「空気」本当に大丈夫ですか?なんだか最近、疲れがとれない…。そんなプチ不調、原因はお部屋の「空気」かも!?

良質な睡眠で元気に冬を乗り切る為に!効率の良い換気の方法について紹介します。

スポンサードリンク

●実は効果大!寝る前にする換気

朝起きたらカーテンを開けて窓も開ける。という方はかなり多いと思います。

しかし、寝る前に換気をする方はかなり少ないのではないでしょうか?

せっかく暖房で暖めたお部屋をわざわざ寝る前に冷やすなんて…と思われるかもしれませんが、実は寝る前たった10分の換気で睡眠の質をより良くすることが出来ます!

そもそもなぜお部屋の空気は暖房で汚れてしまうのか?

・石油ストーブやガスファンヒーターなどを使用した際に発生する二酸化炭素や水蒸気による湿気
・結露によって発生するカビ
・エアコンによるの巻き上げ

などがあります。

暖房を全く使わずにいても、閉め切ったお部屋には人の呼吸によって排出された二酸化炭素が溜まっています。

そのまま換気をせずに睡眠をとっても質の良い睡眠にはなりません。

●なんだかスッキリしない…。その不調、原因は換気不足かも!?

睡眠をしっかりとっているのに、疲れがとれない。なんてことありませんか?原因はお部屋の換気不足かもしれません。

換気をせずに、汚れた空気のお部屋で過ごすことは、様々な不調の原因になります。

二酸化炭素の濃度が高くなりすぎると頭痛やめまい、吐き気などの症状が出たり、換気不足による集中力の低下は仕事や勉強の作業効率の低下にもつながります。

エアコンによって巻き上げられた埃や、湿気のせいで結露が発生するとカビが増えてアレルギーが起こることも…。

この他にもインフルエンザウイルスや風邪の菌が増殖することなども考えられます。

換気せずにいるとお部屋の空気はどんどん汚れていまします。

●効率の良い換気でお部屋を冷やさず、キレイな空気を!

でもやっぱり寒い冬に換気はしたくないですよね。

でも実はお部屋の換気は簡単に出来ます。6~8畳のお部屋なら、5~10分で充分な換気ができます。

冷たい空気が一気に入ってくることで、「お部屋が寒い!」と思われるかもしれませんが、実は5~10分の換気ではお部屋の温度は思っているほど下がっていません。

効率よく換気して、窓を閉めてしまえば、お部屋はすぐに暖かくなります。

では効率よく換気するにはどのようにすればいいでしょう?

・空気の出口と入り口を作ること

当然ながら空気を入れ替えるためには新しい空気を入れる入り口と籠った空気を出す出口が必要です。

・窓は2ヶ所開ける

入り口と出口が出来て空気は自然と動きだします。

・窓が1つしかないお部屋は換気扇を使う

換気扇で籠った空気を外に出し、窓から新しい空気が入るようにすると簡単に換気できます。

サーキュレーターなどをお部屋の奥から開けた窓に向けて動かすことでも空気を入れ替えることができます。

・引き戸の窓は両端を15㎝ほど開ける

しかし、窓を開けることで逆に外からの埃や花粉が入ってきてしまうこともあります。これではせっかくの換気も意味がありません。

外からの埃や花粉はレースのカーテンを引いておくことで、お部屋に入ってくる量を減らすことができます。

スポンサードリンク

まとめ

見えないけれどとても重要おな部屋の「空気」、目にみえないだけに見落としがですよね。

本当にキレイな空気を保つためには2時間に一度の換気が理想的なのだそうです。

さすがにそこまでこまめに換気するのは難しいですが、寝る前の5~10分、換気のための時間を作ってみてはいかがでしょうか?

私も寝る前に換気なんて考えてもみませんでした。

ですが、時々朝起きると頭が痛いことがあり、あまり換気していなかったのでそのせいもあるのかもしれないとふと思ったのです。

換気をするようになってから、実際に朝頭が痛いことがなくなりました。

また睡眠の質が良くなったのかはわかりませんが、換気をした部屋で眠ることがとても気持ちが良いです。

そしてこの記事のなかにもあるように、5分ぐらいの換気では意外と部屋の温度って下がらないんですよね。

是非試したみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする