赤ちゃんは寝る時に靴下は必要?赤ちゃんに靴下をはかせるのはどんな時か。

Pocket
LINEで送る

寒い季節、自分で体温調節のできない赤ちゃんは寒いとなかなか寝てくれません。

その上、寒いとすぐに風邪をひいてしまいます。

寒いと自分から言えない赤ちゃんは、全ての事をお母さんが気にしてあげなければなりません。

そこで、赤ちゃんが寝る時に靴下は必要なのかどうかです。

悩んでいるあなたへ赤ちゃんが寝る時についてお話していきます。

スポンサードリンク

赤ちゃんは寝る時靴下を履かせた方がいいか?

最初にも言いましたが、赤ちゃんは自分で体温調節ができません。

そのために、寒ければ暖かい格好をさせ、暑ければ薄着にしてあげなければなりません。

そこで寝ている時、足先がなんだか冷えているなぁと感じ、靴下を履かそうかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

私も最初は悩みましたが、看護師の義母に相談したところ、赤ちゃんは足裏で体温調節をするために靴下は不要との答えをいただきました。

足裏で体温調節をするのだから温まっていいのでは?と思った方もいるかもしれません。

しかし、靴下は温まりますが、熱を逃がさないためにこもってしまいます。そうすると、足裏に汗をかき冷えてしまうということです。

温めてあげようと思ったのに逆効果になるなんてビックリですよね。

しかし、これにも例外があります。

家の中が白い息が出るくらいに寒く、赤ちゃんの足が紫っぽくことがあります。

これは寒すぎになっている事なので、ここまでになれば靴下は履かせてあげましょう。

我が家の昔住んでいた家は、寒さが厳しい季節になると、朝は白い息が出ますし、寒くて寒くて苦痛に感じるくらいでした。古い家でしたからね。

本当は靴下よりもエアコンをつけたりするのがいいのですが、古いエアコンで温まらないし、最悪の環境でした。

そんな環境でしたら靴下を履かせてあげてくださいね。

スポンサードリンク

起きている時も靴下を履かせた方がいいか?

次に起きているときに靴下は必要かというお話です。

起きている時も靴下は必要ありません。

足裏が蒸れて寒くなるということと、赤ちゃんは足でも色んな感覚を得たりしますので、妨げになってしまいます。

半年くらいになってくると、赤ちゃんは寝転んだ状態で、器用に足をつかみ、口に入れたりします。

足の指を口に入れるなんて汚いと思いますが、赤ちゃんは舐めることで何なのかを、知ることができます。

今口に入れたものが自分の体の一部なんだと認識するための大切な成長過程なので、靴下を昼間も履かせないようにしましょう。

そうなるといつ靴下を履かせるの?ということになってきますが、それは外出時です。

ベビーカーに乗っていても、抱っこ紐でお母さんとくっついていても、足先は寒いです。

足先が冷たいとあなたも辛いですよね。

赤ちゃんも一緒です。

寒空の中、裸足で移動するのは寒くて仕方がないので、外に出る時は靴下を履かせます。

赤ちゃんの靴下は、外出先ですぐに片方なくなっていたりするので、買うときは多めに買っておくことと、予備を持ち歩くことが大切です。

私もオムツと着替えセットの中に靴下も1足入れてあります。

ちなみにゴムがしっかりしているものを選ぶこともポイントです。

赤ちゃんは足をバタバタとさせますのですぐに脱げますが、ゴムさえしっかりしていれば脱げにくいです。

でも、赤ちゃんの靴下は脱げるものと考えていた方が気が楽ですね。

では最後に赤ちゃんが寝るときの服装についても少し触れておきたいと思います。

赤ちゃんが寝る時の服装について

赤ちゃんが寝る時の服装はと言うと、夏は肌着に薄手のロンパース、冬は長袖の肌着に長袖ロンパースで十分です。

寒い日だからといって何枚も着こませる必要もありません。

たくさん着せると、汗をかき体が冷えてしまい風邪をひいてしまいます。大人より1枚少なくと思っておいてください。

しかし、これにも例外があり、私の娘は極度の寒がりで、小さい頃、肌着、ロンパース、おくるみ2枚、毛布で包む、布団をかける、

ここまでやらないと寝ない子でした。

汗をかくわけでなく、ここまでしないと泣いて寝てくれませんでした。

こればっかりは個人差があるので、足の裏を触ってみて冷えていたら寒い、しっとりしていたら適温と思っておいてください。

そこで1枚着せるか判断してくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

赤ちゃんの靴下について書いていきましたが、参考になりましたか?

赤ちゃんは基本的に外出の時だけ靴下を履かせると思っておいてください。

何でも大人よりは1枚少なくなので、お母さんがあまり気にしすぎるのも、良くありません。

赤ちゃんの体温調節は本当に大変ですが、お母さん頑張ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする